日本におけるマーケティングリサーチの歴史 


マーケティングリサーチは日本にいつ頃、伝えられ、どのような歴史を積み重ねてきたのでしょうか?

日本におけるマーケティングリサーチの歴史

日本におけるマーケティング・リサーチの歴史は第二次世界大戦後、世論調査の実施や品質管理の向上というテーマに対し、アメリカの指導を受けながら行われたことに始まると言われています。
戦後復興期に入り日本経済が伸び始める1950年代に入ると大手の調査会社が続々と誕生し、マーケティングの概念も徐々に浸透しはじめました。
やがて高度経済成長期に入ると、大量生産、大量消費の時代になり、供給が需要を上回る環境になると、商品やサービスの選択の幅が広がるとともに企業は消費者のニーズを把握することの重要性を認識し、マーケティング・リサーチの存在感も高まりました。
そして、1975年、現在の(社)日本マーケティング・リサーチ協会の前身である日本マーケティング・リサーチ機関協議会が設立されました。

富裕層マーケティングコラム
PAGE TOP